​代表からご挨拶

近年、歯科治療への患者の要望は高くなってきています。私たちは歯科補綴物の提供による歯牙欠損部の機能回復を通じて、一人一人の患者様のニーズにお答えしてまいります。

 

特にインプラント技工においては国内外のブローネマルク・センターにて勤務する機会に恵まれ、オッセオインテグレーションのフィロソフィーを忠実に遵守することの重要性を学んでまいりました。

世界的にも類を見ない高齢化社会を迎えた今日、食物摂取のための咀嚼機能、コミュニケーションのための発音機能そして審美性の回復は患者様のQOLを維持するために欠かせないものです。私たちは長期的に安定した補綴物を皆様にお届けすべく、これからも日々研鑽を重ねてまいります。

In recent years, patients' demands for dental care have increased. We will meet the needs of each patient through the provision of dental prostheses.

 

With regard to implant superstructure, I had an opportunity to study at the Brånemark Center in Japan and overseas, and learned the importance of faithfully adhering to the osseointegration philosophy.

 

Today, with a world-unique aging society, masticatory function for food intake, pronunciation function for communication and restoration of aesthetics are essential for maintaining patient's quality of life . We will continue to make efforts to deliver long-term stable prosthetics to your surgery.

​代表略歴

1985年

東京歯科技工専門学校卒業

Tokyo Dental Technology College 

1992年

Dr. Patrick J. Henryのオフィスにて勤務

Dental Technician for Dr. Patrick J. Henry

1997年

ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センターにて勤務

Dental Technician for Brånemark Osseointegration Center, Tokyo

2003年

リアリティ・デンタル・ラボラトリーをパース 西オーストラリアにて開設

Established Reality Dental Laboratory, Perth, Western Australia

 

2006

​ラボを千代田区、九段に移転

Office Relocation Kudan,Chiyoda,Tokyo

 

2007年11月

株式会社リアリティ・デンタル・ラボラトリーに社名変更

Company name changed to Reality Dental Laboratory Co., Ltd.

 

所属学会・スタディグループ

EAO、日本口腔インプラント学会、日本補綴歯科学会、club22、

りそな総合研究所、等

その他の活動

専門誌への寄稿、カンファレンス等での登壇、レクチャー

東京医科歯科大学歯学部非常勤講師​

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-22 アーバンセカンドビル4F

banner_3.jpg

電話番号 / FAX:03-6659-8303 Overseas:813 6659 8303

​Copyright ©  2018 Reality Dental Laboratory All Right Reserved